幹事がする仕事!宴会をみんなに楽しんでもらうために!


宴会では場所が大事なポイント

宴会をするときに、まず幹事の仕事してあるのが場所を選ぶことです。一般的には宴会の規模によって、場所を決めることになります。その時に選ぶポイントとしては、仕切りがあることです。完全個室になっていないと、プライベート空間が保てません。そうなると、周りに気を使って盛り上がらないこともあるのです。また、場所の雰囲気も重要なポイントです。集まるメンバーの顔ぶれを見れば、相応しい宴会の場所が決まります。例えば、社長が参加する宴会だとします。それであれば、社長が参加してもいい場所を選ぶ必要があるでしょう。他に場所を決めるポイントは値段です。宴会の予算を決めておき、その値段に収まる場所を選定します。想定外のことを考慮して、予算が少し余るくらいの場所にすることが大切です。

宴会は幹事の進め方と仕込みで盛り上がりが決まる

宴会によっては幹事が何もしなくても、盛り上がる場合があります。その時には進行を滞りなく進めるだけで、みんなが楽しめる宴会になります。そんな宴会であれば、何もしないことが仕事になるでしょう。しかし、盛り上がりに欠ける宴会もあるのです。そんなときのために、予め盛り上げ役を仕込んでおくことも、幹事の仕事になります。その人たちが得意なことを調べて、宴会場でそれができるように用意します。カラオケが得意であれば、カラオケの機械を設置しておくのです。ただし、このような盛り上げ役を強制すると、楽しくない人が出てきます。嫌がるようなら別の人に依頼するようにしましょう。また、幹事が自ら盛り上げ役になるというのも有効な手段です。

大阪の宴会は、様々なジャンルの飲食店が集まる繁華街でセッティングする人が多く、サラリーマンや学生の間では飲み放題の価格がリーズナブルな店舗が選ばれやすくなっています。