ラバーカップを使わないトイレ詰まりの直し方!


慌てず騒がず様子を見る!

トイレ詰まりが起きた時は、とりあえず慌てず騒がず冷静に見守ることが大事です。トイレの仕組みや構造も知らない人に出来ることなどほとんどありません。次に誰かが入るとか、自分の汚物を他人に見られたら嫌だ、というのは確かにあります。汚物を見られたからといって生死にかかわるものでもないと考えて、とりあえず放置してみましょう。トイレ内の詰まりの原因は、恐らくトイレットペーパーの流し過ぎですから、その場合放っておけば、自然と溶けてくれるはずです。ひとり暮らしの方なら他人に見られずに済みますから、特におすすめの方法です。

とりあえずお湯を使う!

お湯には固まり詰まった汚物やトイレットペーパーを柔らかくする効果があります。熱ければ熱いほど効果が期待出来ますが、ほとんどの便器は陶で作られてますので、熱湯を入れることで破損させてしまう恐れもあります。ですから急激に水温を上げるのではなく、少しずつ温度を上げていくようにお湯を流し込んでみましょう。排水口内の水温が上がることで、固まってしまったトイレットペーパーや汚物が柔らかくなるのを待つのです。

これぞまさしく最後の手!

詰まりの原因は排水口にあるので、詰まっている物を取り除いてしまえば済みます。ラバーカップで届かないところにあるトイレットペーパーや汚物を鷲掴みに出来るのは、最終的に人の手だけと言えるでしょう。ゴム手を捨てる覚悟で詰まっているトイレの排水口に、自分の手を突っ込んでみる方法が最後の手段です。ちょっと勇気がいりますが、直るか直らないかの瀬戸際では迷いは禁物です。思い切った行動を取らなければならない時も人生にはあるものです。

トイレのつまりを自力で解決しようとすると、更に悪化する場合があります。専門業者につまりの処理を依頼する事で、改善に向かう事が多いです。