修正履歴の管理がしやすい!!細かい作図の作成も確認も簡単!!


修正情報などの記録が容易

建物の設計などを行うとき、最初は注文者の要望に基づいて設計士が作図をしていきます。このときは手描きで簡単な情報のみを記入するだけの時もあるでしょう。その後清書をする専門家がいて、かつては手描きで図面に起こしていました。清書作業にCADシステムを利用するメリットとしてはコンピュータを利用するので作図が容易になる点が挙げられます。それ以外に修正情報の記録が容易になる点も挙げられるでしょう。手描きだと消しゴムで消すなどすれば修正前の状態が分からなくなります。コピーをするとなると紙の資料が多くなり管理も大変になるでしょう。CADはコンピュータ上にデータを残せるので、その都度保存をし履歴管理もしやすいです。

細かい作図の作成や内容確認が楽

新たに機械を製造する時には設計をする必要がありますが、電気回路などの作図が必要でかつては手描きなどで行っていました。この部分にCADを導入すると色々なメリットがあるので検討すると良いでしょう。現在は機械などで小型化などが進み、回路や構造も複雑になっています。手描きだと細かい部分の作図は非常に大変ですが、CADなら拡大したりしながら作成できるので細かい部分も問題なく作図ができるでしょう。完成した資料は非常に細かくなっていますが、こちらもCADなら必要に応じて拡大が可能です。手描きだと虫眼鏡で確認したりある部分だけ別途拡大して作成するなどが必要ですが、CADなら一つの図面さえあればそこに情報をすべて載せられるでしょう。視力が悪い人のための資料を作る必要もありません。

早く正確に水道図面を描くための水道CADソフトは、驚くほど図面製作時間を短縮する水道工事業者用のソフトです。