ウォーターサーバー検討中の人必見!導入時のチェックポイントとは!?


水の種類にこだわろう

ウォーターサーバーを導入するときに「水選び」は大きな課題です。ウォーターサーバーの水には「天然水」と「RO水」とがあるため、ウォーターサーバー業者がどのような水を扱っているかを確認しましょう。それらの水、両方を扱っているところもあります。水選びをするときは、採水地を目安にするのもよいでしょう。水選びに迷ったときは、水の種類を変更できる業者を選ぶと安心かもしれませんね。

ボトルの種類選びも大事

ウォーターサーバー業者を決めるときは、ボトルの種類選びも大事です。ウォーターサーバーのボトルには「リターナルボトル」と「ワンウェイボトル」とがあります。前者は、次回の配送日に業者が回収する方法。一方、後者のほうは、使用済みボトルを自治体のルールに従って廃棄する方法です。ウォーターサーバーの導入に際しては、予備のボトルだけでなく、使い終わったボトルの置き場所も考える必要があります。

ウォーターサーバー設置場所は

ウォーターサーバー設置場所も見逃せない課題です。ウォーターサーバーには「床置き型」と「卓上型」があり、業者選びの大事な条件になるでしょう。そのため、各業者が扱うウォーターサーバーの商品ラインナップを確認するとよいですよね。

もちろん維持費も見逃せない

ウォーターサーバーの設置後は、常時電源を入れておく必要があります。そのため、電気代を安く抑えられるタイプを選ぶことが大切です。また、ウォーターサーバーのメンテナンス費用や宅配水の料金など、ウォーターサーバーの導入後に掛かる費用の試算もしておきましょう。

赤ちゃんの水を選ぶ際は不純物が無く、質が良いことが重要になります。安全基準を満たしている水道水でも成長途中の赤ちゃんには刺激が強いので、ミルクを作る際は専用の水を購入するのが安全です。